FURUTANI Hideo 古谷 秀男

1941年生まれ。奈良県在住。 1997年より「大和高原太陽の家」に所属。 2005年ごろから、開拓移民として33年間過ごしたブラジルの記憶を描く。ブラジルの風景、農場での生活、また空想の世界を表現する。人を喜ばせるのが好きで、絵は仕事のあいまに描いているが、昼下がりにはハーモニカ、夕方には口笛で鳥の鳴きまねをして、時折、本物のホトトギスやカラスが鳴きかえすという。 Hideo Furutani was born in 1941 and lives in Nara prefecture. He has been a member of ‘Yamato Kougen Taiyo-no-ye’ since 1997. From around 2005, Furutani's main focus has been his recollection of life in Brazil, where he spent 33 years working on a farm. His Brazilian landscapes and farm life, both real life and imaginary are among the main subjects of Furutani's paintings.

©FURUTANI Hideo/AbleArtCompany
©FURUTANI Hideo/AbleArtCompany
©FURUTANI Hideo/AbleArtCompany

FURUTANI Hideo 古谷 秀男

1941年生まれ。奈良県在住。 1997年より「大和高原太陽の家」に所属。 2005年ごろから、開拓移民として33年間過ごしたブラジルの記憶を描く。ブラジルの風景、農場での生活、また空想の世界を表現する。人を喜ばせるのが好きで、絵は仕事のあいまに描いているが、昼下がりにはハーモニカ、夕方には口笛で鳥の鳴きまねをして、時折、本物のホトトギスやカラスが鳴きかえすという。 Hideo Furutani was born in 1941 and lives in Nara prefecture. He has been a member of ‘Yamato Kougen Taiyo-no-ye’ since 1997. From around 2005, Furutani's main focus has been his recollection of life in Brazil, where he spent 33 years working on a farm. His Brazilian landscapes and farm life, both real life and imaginary are among the main subjects of Furutani's paintings.

作品使用についてのお問い合わせ

作品の使用を希望される企業の方はこちらからお気軽にお問い合わせください。

最近見たアーティストと作品

閲覧履歴はありません

作品を探す